MeiPAM | メイパム

迷路のまちMaze Town

海も山も近いけれど、町歩きも楽しめるのが小豆島。

土庄本町「迷路のまち」には島旅をぐんと楽しくするスポットがぎゅっと集まっています。

Shodoshima: beautiful nature and quaint townscapes. Maze Town, a fun place to get lost while exploring intriguing shops and art.
小豆島の土庄本町は、むかしから「迷路のまち」として知られています。中世の瀬戸内海で活動した海賊の侵入から身をまもるために、あるいは南北朝時代の戦乱にそなえて、迷路のように入り組ませた路地によって町がつくられたそうです。歴史的には、海の交易や「お遍路」の信仰の玄関口として、栄えました。夜の闇のなかでは、長年住みつづける島の人でも、うっかりすると道にまようことがある、そんな不思議な町です。そんな「迷路のまち」にある妖怪美術館周辺には、カフェ、おみやげ屋さん、駄菓子屋さんなどもあり、半日はたっぷり楽しめます。 The town of Tonosho on Shodoshima prospered for centuries as a gateway for both the flourishing sea trade and a popular religious pilgrimage. The town center is known locally as “maze town” because of its labyrinthine layout. The intricate network of streets is believed to have developed in the 14th century during a period of political unrest. Fearing that the war might spill over to their island, the locals designed the town to confuse any would-be invaders. Later, it also deterred marauding pirates. Even locals are known to lose their way on a dark night. The shops that have sprung up around the Yokai Art Museums, including cafés, gift shops and a dime-store candy shop, make it a fun place to spend half a day getting lost.   被山海圍繞中,還能享受逛街樂趣的小豆島 小豆島的土庄本町以迷宮小鎮聞名,迷宮小鎮裡有各式景點,讓此趟島嶼之旅更加豐富、有趣。 此小鎮曾經是海上交易,及「四國遍路(八十八據點的寺廟)」信仰的聚集地因而繁榮起來。 傳說中迷宮小鎮是中世紀時,為了防止在瀨戶內海一帶的海盜入侵,也有人說是為了防犯南北朝時代戰亂,而被建造的像迷宮一樣的小鎮。連長年住在島上的居民在在晚上不小心路也見怪不怪呢! 迷宮小鎮就是這麼神秘而充滿魅力的地方。迷宮小鎮裡的妖怪美術館附近,有舒適的咖啡廳、土產商舖、日本粗果子舖等,令人流連忘返的悠閒休憩好地方和特色商家讓你花上半天時間也不嫌多。  

セトノウチ「島モノ家」(せとうちスタイル公式ショップ)

Setonouchi Shimamonoya

瀬戸内や小豆島のおみやげに、ずばり逸品を揃えました。

オリーブオイル、醤油、素麺など小豆島の特産品だけでなく、瀬戸内の「これ絶対おすすめ!」という逸品を厳選。お土産やギフトに喜ばれる「物語」のある品々を販売しています。中でも、小豆島の醤油ソムリエール・黒島慶子さんが厳選したさまざまな醤油のコーナーをはじめ、オリーブの樹を使った雑貨、オリーブを活かした化粧品が充実。どれも、他のお土産屋さんでは取り扱っていない高品質な品揃えが特徴です。雑誌「せとうちスタイル」の公式ショップで、編集部が取材時にみつけた衣類・雑貨・アクセサリー・食品なども彩を添えています。

A shop stocked exclusively with local products from Shodoshima and the Setouchi area

Shima Monoya carries not only traditional Shodoshima products, such as olive oil, soy sauce and somen noodles, but also special products, each with its own unique story, from the Setouchi area. Of special note are soy sauces carefully selected by Shodoshima’s soy sauce sommelier, exquisitely handcrafted items made from olive wood, and beauty products made with the island’s high quality olives and olive oil. Many of these items, which range from clothing to household goods and accessories, can only be found here. Shima Monoya is also the official shop of Setouchi Style, a local magazine that introduces the treasures of the Setouchi area.

営業時間:10:00~18:00 ●定休日:水曜日(祝日は営業) ●電話:0879-62-8500 ※臨時に営業日・営業時間の変更をする場合がありますので、ご来店の際は以下facebookでお確かめください。

●Open  10:00-18:00

●Closed  Wednesday(except during  summer breaks and statutory holidays that fall on Wednesday)

瀨戶內「島モノ家(SHIMA MONO YA)」(瀨戶內官方商店) 精選瀨戶內地域、小豆島的必買好物! 橄欖油、醬油、素麵等小豆島特產之外,還有瀨戶內的嚴選推薦好物!各式各樣的熱門土產和伴手禮皆有販賣,其中最特別的是,由小豆島的醬油職人─黑島慶子小姐所精心挑選出各式醬油的專賣區。另外還有各式橄欖樹木為材料作成的小物以及使用橄欖提煉而製成的化妝品等,是其他土產店見不到的特色商品。 我們的編輯部去取材時發現的服飾、雜貨、飾品、食品等,皆羅列在雜誌「SETOUCHI Style」官方商店裡。 營業時間:10:00~18:00 公休日:星期三(國定假日有營業) 電話:0879-62-8500 ※由於有可能臨時改變營業日・營業時間,光臨敝店前敬請先上臉書確認。 【瀨戶內facebook】 網路商店|SETOUCHI Style SHOP

【セトノウチfacebook】

セトノウチ「島メシ家」

Setonouchi Shimameshiya

島の野菜とオリーブ牛をたっぷり、めしあがれ。

「島の野菜とオリーブ」をテーマにしたメニューが楽しめる、島の食材を活かした食堂です。一頭の牛からわずかしかとれない希少な部位3種の肉を食べ比べできる、「島の野菜とオリーブ牛のローストビーフ定食」は、やわらかくてヘルシーで女性に人気です。野菜は、小豆島で無農薬栽培をしているHOMEMAKERSとムロ・ファームから。旬のみずみずしい季節の野菜を使用しています。その野菜をふんだんに盛り合わせた定食も贅沢な一品。その他、オリーブ豚の肉をのせたオリジナルカレーもあります。

Enjoy Olive Wagyu Beef and fresh island-grown vegetables. The menu of this local café focuses on foods produced on the island, including organically grown vegetables from two local farms and Olive Wagyu Beef. Olive Wagyu cows are fed the caramelized residue from local olive production. This results in beef that is high in oleic acid and extremely tender. The Island Veggies and Olive Wagyu Roast Beef Lunch is a delicious and healthy meal with three different cuts of beef. The restaurant also serves other meals featuring plenty of local produce and an original curry made with Olive Pork.

●島の野菜とオリーブ牛のローストビーフ定食 1,950円 ●島の野菜定食 1,250円

営業時間:11:00~14:00(ラストオーダー13:45) 定休日:水曜日(祝日は営業) 電話:0879-62-8500

●Open  10:00-18:00(last admissinon at 17:00)

●Closed  Wednesday(except during  summer breaks and statutory holidays that fall on Wednesday)

瀨戶內「島メシ家(SHIMA MESHI YA)」 大口品嚐小豆島自產蔬菜和橄欖牛肉 使用小島當地「蔬菜」和「橄欖」為主要食材,健康而且無負擔料理的食堂。另外還有使用一頭牛身上珍貴稀少的部位入菜於「烤橄欖牛時蔬定食」也很受女性青睞呦!。蔬菜是來自於以無農藥方式栽培的HOMEMAKERS和姆拉農場(Muro Farm)這在地的兩座農場,所以到這邊享用到的都是份量滿滿的當季鮮脆的時蔬,另外還有原創橄欖豬肉咖哩喔!
  • 烤橄欖牛時蔬定食 1,950日圓 ●小豆島當令鮮蔬定食 1,250日圓
營業時間:11:00~14:00(L.O. 13:45) 公休日:星期三(國定假日有營業) 電話:0879-62-8500

【セトノウチfacebook】

405 CAFE

翼クッキーがついたエンジェルソフトが大人気。

思わず写真を撮りたくなるフォトジェニックなスイーツたち。中でも、翼のクッキーをつけたエンジェルソフト、自家製クレーム・ブリュレは人気です。地元のおいしいパン屋さんのバンズを使ったオリジナルサンド、オーガニック栽培の厳選した豆を使用した本格珈琲、島の果物を使ったスムージーなどの多数のドリンクもご用意しています。アート鑑賞や散策の「ちょっとひと休み」にごゆっくりどうぞ。2Fには、心ときめく一冊とかわいい雑貨がみつかる「迷路のまちの本屋さん」があります。

The sweets prepared in this café are not just delicious but incredibly photogenic. The soft ice cream with angel wings and the homemade crème brulee are particularly popular. The café’s original sandwiches are made with fresh-baked bread from a local bakery while the coffee beans are all organically grown. The menu also offers a selection of smoothies made with island-grown fruit. This is the perfect spot to take a little break from enjoying art and exploring Maze Town. A bookstore is located on the second floor.

● エンジェルソフト 500円 ● 自家製クレーム・ブリュレ 600円

営業時間:10:00~17:00 定休日:水曜日(祝日は営業) 電話:0879-62-9889

●Open  10:00-17:00

●Closed  Wednesday(except during  summer breaks and statutory holidays that fall on Wednesday)

405 CAFÉ 詢問度最高的天使之翼冰淇淋 在405 CAFÉ,有讓人不自覺想拿起相機拍他們家甜點的衝動呢!包含詢問度跟人氣相當火熱的天使之翼冰淇淋和日式自家手作烤布蕾,獨家自製三明治中的麵包是使用了在地麵包店的麵包外,還有使用嚴選有機栽培豆沖泡而成的咖啡與小豆島水果冰沙等,多種飲品任您選擇。此外,歡迎到二樓「休憩小站」,在那裡或許能找到專屬自己的「精神糧食」、發現可愛小物的「MEIRO NO MACHI NO HONYASAN(迷宮小鎮書店)」,在這靜謐的空間裡適合藝術鑑賞或者來場浪漫的書香之旅。
  • 天使之翼冰淇淋 500日圓 ●自家手作烤布蕾600日圓
營業時間:10:00~17:00 公休日:星期三(國定假日有營業)電話:0879-62-9889

迷路のまちの本屋さん

Maze Town Bookstore

大きな書店では出会えない心ときめく一冊を。

「いつもと違う島旅の時間に、自分の日々に寄り添ってくれるかけがえのない本と出会ってほしい」。そんな想いで働き方や暮らし方に関する本、文芸、アート、写真集、エッセイなど幅広いジャンルから知的好奇心をくすぐるような選書をしています。「本棚に置いておきたい一冊」が棚づくりのテーマ。そのほか、小豆島にかかわりのある手づくり雑貨、アクセサリー、アーティストのデザイン雑貨など、ひとり旅でも自分のためのおみやげがきっとみつかります。1階にある405 CAFÉ内の階段を昇ってお越しください。

Unusual books not found in big bookstore chains. The sweets prepared in this café are not just delicious but incredibly photogenic. The soft ice cream with angel wings and the homemade crème brulee are particularly popular. The café’s original sandwiches are made with fresh-baked bread from a local bakery while the coffee beans are all organically grown. The menu also offers a selection of smoothies made with island-grown fruit. This is the perfect spot to take a little break from enjoying art and exploring Maze Town. A bookstore is located on the second floor.

●オリーブだるま(張子) 1,300円 ●オリーブの樹を使ったネックレス 2,000円

営業時間:10:00~17:00 定休日:水曜日(祝日は営業) 電話:0879-62-9889

●Open  10:00-17:00

●Closed  Wednesday(except during  summer breaks and statutory holidays that fall on Wednesday)

MEIRO NO MACHI NO HONYASAN(迷宮小鎮書店)

找到屬於自己,在大型書店找不到的「精神糧食」 「在小島之旅的時光中,想找到一本最貼近自己、無可取代的書。」關於工作態度又或是生活態度的讀物、文藝、美術、照片集、散文等多類叢書,激發你深層的好奇心。書架上的選書也是讓人不禁想把那也擺到自己書櫃上呢!除此之外,關於小豆島的手工物、飾品、藝術家的設計小品…等,獨自來到這裡旅行的你/妳,也一定能在這裡找到專屬自己的紀念品。敬請務必上405 CAFÉ一樓的樓梯一探究竟。
  • 橄欖不倒翁[張子(*1)] 1,300日圓 ●橄欖樹木項鍊 2,000日圓
營業時間:10:00~17:00 公休日:星期三(國定假日有營業) 電話:0879-62-9889 *1 張子:一種利用和紙、報紙跟紙黏土等作為材料來製造的日本的傳統工藝品

モノノケ堂

Mononoke-do

駄菓子、おもちゃ、射的!レトロな雑貨にワクワク!

昔なつかしい駄菓子やおもちゃ、昭和の香りが漂うレトロな文具や雑貨が所狭しと並ぶお店です。ユニークでかわいいマスキングテープ、メモ帳、お財布などは女子ウケ抜群!妖怪のてぬぐい、ハンカチなどもあります。旅行先でついチャレンジしたくなる「射的」は、子どもから大人まで安定の人気です。2Fは「妖怪造形大賞」の作品企画展を開催している「妖怪美術館4」。元活版印刷所の空間に、こわい・かわいい・かっこいい妖怪たちがずらりと揃っています。大人も童心に返って、どうぞごゆっくりお楽しみください。

Dime-store candy, vintage toys and a shooting gallery. This shop is just like an old-fashioned Japanese corner store, specializing in dime-store candy and vintage toys and stationary, as well as designer masking tape, memo pads and wallets. Yokai-themed towels and handkerchiefs make great gifts, and the shooting gallery is fun for children and adults alike. On the second floor is Yokai Art Museum 4, which exhibits works from the Yokai Sculpture Contest. Yokai of all types, including gruesome, cute and cool, can be found here in what was once a printing factory. This is the place to discover and enjoy the child within you.

営業時間:10:00~18:00 定休日:水曜日(祝日は営業) 電話:0879-62-5898

●Open  10:00-18:00

●Closed  Wednesday(except during  summer breaks and statutory holidays that fall on Wednesday)

▼Web on line shop

モノノケ堂(MONONOKE堂)

日本古早味點心、童玩、打靶遊戲!令人雀躍的懷舊小物

店裡帶有濃厚復古風混合新潮藝術的氛圍,

許多懷舊的日本古早味零嘴、童玩,和昭和時代的懷舊文具雜貨,及妖怪造型玩偶、手帕,其中可愛獨特的造型膠帶、筆記本、錢包等小物也是非常受女性歡迎喔!另外還有大人小孩都熱愛挑戰的射擊遊戲。二樓是「妖怪造型大賞」作品企劃展所舉辦的「妖怪美術館4」。場地是先前活版印刷工廠的所在地,各種風格的妖怪齊聚一堂,不只小朋友連大人都可以玩的很盡興呦! 營業時間:10:00~18:00 公休日:星期三(國定假日有營業)電話:0879-62-5898
PAGE TOP

MeiPAMチャンネル

(Comming Soon)