MeiPAM | メイパム

お知らせ見たい!News

2016.10.04:お知らせ見たい!

パニール・バギルド|The Ship and the Death 展

 

A2_Pernilleヨーロッパにかつてない規模での移民・難民の流入が始まって久しい。
何千人もの人々がおよそ航海には耐えられないような
粗末なボートでヨーロッパを目指し、海の藻屑と消えていく。
「The ship and the death 」はそういった人々と
彼らの辿った運命についての作品展である。

小豆島という場所でこの展示を行うことによって、
島・海・それらの内包する宿命といった共通項を持つ
2つの異なる大陸、2つの異なる文化に
出会いをもたらそうというのが作者の狙いである。

Europe has in recent years experienced a massive influx of refugees
and immigrants. Thousands of people have drowned while trying to
reach Europe in unseaworthy boats. The ship and the death is an
exhibition about these people and their destiny. By showing the
exhibition at Shodoshima the artist creates a meeting between two
different continents, two different cultures with a common kinship
around the island, the sea and its destinies.

Pernille Bøggild パニール・バギルド|アーティスト

IMG_0209.JPG
1959 年デンマーク生まれ。パニール・バギルドは彫刻・ヴィジュアルアート
・文章を横断的に手掛けるデンマークのアーティスト。今回のこの小豆島での
展示の出発点となったのは、2011 年6 月、270 人の難民が北アフリカから海
を渡り、イタリア沖に浮かぶランペドゥーサ島に逃れる途中で遭難、死亡する
という痛ましく忘れがたい事故だった。

Bøggild is a Danish artist working in a crossfield between sculpture,
visual art and text.The startingpoint for her exhibition at Shoudoshima
is a concre te event in June 2011,where 270 refugees and immigrants
drown during the voyage from North Africa to theItalian coast,
the small island, Lampedusa.

PAGE TOP

MeiPAMチャンネル

(Comming Soon)