MeiPAM | メイパム

Blog2018年3月

2018.03.31:見どころ100選

かわいい姿は、いざという時に頼もしい。【迷路のまちの見どころ100選 Vol.20】

迷路のまちのいたる場所にポツポツとある赤い消火栓。少し古びた消火栓は、かわいい姿のまま、いまでも現役です。

小豆島には立派な消防署がありますが、迷路のまちの通路は軽自動車が一台ギリギリ通れるか通れない場所がたくさん。万が一火災が発生したときは、主婦の方でも高齢者の方でも消火にあたれるよう、毎年、まちの消防団による訓練が行われています。そんなときに役立つところを証明するのがこの消火栓。消防車が入れない狭い路地では、頼もしい存在なのです。約700年前から続くこの歴史ある迷路のまちは、住民ひとりひとりがファイアーマンになって大切に守っています。

2018.03.29:見どころ100選

日本で『世界一』の海峡を渡ることができます。【迷路のまちの見どころ100選 Vol.19】

「世界一狭い海峡」が実は小豆島にあり、1996年にギネスブックに認定されています。小豆島は、牛の形によくたとえられますが、頭の部分が前島。胴体の部分が小豆島本島。その間を流れるのが「土渕海峡」で、一番狭い所が9.93mです。逆に「一番広い海峡はどこにあるのだろう?」と調べたところ、世界一広い海峡は、南アメリカ大陸と南極大陸の間にある『ドレーク海峡』で最狭部でも約650km。東京から広島くらいの距離ですから、驚きですね!小豆島でなら、普通に歩いて10秒以内に世界一を体験できるのもちょっとしたサプライズなのです。迷路のまちの大きなゲートのすぐそばです。

2018.03.28:スタッフのささやき

【島メシ家】3/29(木)臨時休業のお知らせ

明日3/29(木)、誠に勝手ながらセトノウチ「島メシ家」のみ臨時休業とさせていただきますので、
ご了承のほどどうぞよろしくお願いいたします。
瀬戸内の逸品をセレクトしたセトノウチ「島モノ家」、リニューアルした妖怪アートギャラリー「妖怪美術館」、エンジェルソフトが人気の「405カフェ」、心ときめく一冊やかわいい雑貨に出逢える「迷路のまちの本屋さん」、懐かしい駄菓子や射的が楽しめる「モノノケ堂」はオープンします。迷路のまちでお待ちしておりますので、どうぞお越しくださいませ。

2018.03.23:見どころ100選

この妖怪の道案内を信じてみる?[迷路のまちの見どころ100選 Vol.18]

405 café のすぐ目の前にあるMeiPAM1の建物に突如に現れた妖怪。その正体は、道を案内してくれる黒い鬼「みちしるべぇ」。描いたのは、妖怪アートミュージアムの館長である妖怪画家、柳生忠平です。

MeiPAM1の建物の前では、みちしるべぇと一緒に撮影をする観光客でいつも賑わっています。また、小豆島国際ホテルのすぐ斜めに前ある建物の妖怪は、「迷路のまちはあっちだよ~」と指をさしていますが、妖怪だけに「信じていいものか?」。信じてみましょう!これから迷路のまちの至るところに「みちしるべぇ」が増えていきます。出会えたらラッキー?

 

2018.03.18:見どころ100選

トリックアート?【迷路のまちの見どころ100選 Vol.17】

西光寺の古い石垣のある道を歩いていると「?」。外観はたばこの売店、でもそこには何故か階段がある…この建物は、2013年に開催された瀬戸内国際芸術の出展作品「変幻自在の路地空間」。現在は閉鎖しているので外からしか観ることができませんが、アート作品の名残がふとしたところに発見できるのです。この作品の中は、トリックアートのような面白い空間となっていたのですが、残念ながら当時は中の撮影は禁止だったため写真が残っていません。

不思議な建物は、MeiPAM3(外観のみの観覧)にもあるので、見つけたら中を想像してみてください。

2018.03.16:見どころ100選

鐘は鳴らないほうがいい【迷路のまちの見どころ100選 Vol.16】

迷路のまちを歩いていると少し錆びた『消防信号』看板が、時を忘れたかのように残されているのを見つけることができます。

防災無線もサイレンもない時代(或いは電話が普及していない時代)に、近辺に火災をいち早く周知し、消防団員を速やかに招集するには半鐘が欠かせないものだったのかもしれません。今は、スマホや携帯が当たり前になっていますが、通信手段の変化がすごいですね!この信号板には、近火や鎮火を知らせる打鐘方法やサイレンの鳴らし方が記されています。

半鐘は残念ながら残っていませんでしたが、この信号板は、池本芳栄堂の建物の横に残っていました。いまはすぐ近くに立派な消防署があります。貴重な看板だと思うので、ぜひ目にしてみてください。

2018.03.13:見どころ100選

島旅のスイーツ補給は和菓子と笑顔と【迷路のまちの見どころ100選 Vol.15】

旅の疲れには甘いものが食べたくなりますね。そんなときは、MeiPAMから徒歩2分の場所にある創業70年の和菓子店『池本芳栄堂』。

お店に入ると優しそうなお父さんが出てこられ、こだわりの和菓子を一つ一つ説明してくださいました。中でもオススメなのは、小豆島産のレモンで作られた『レモンケーキ』、小豆島産のいちごで作られた『いちご大福』、生クリームとこだわったあんこの入ったどらやき『生どら』、小豆島特産の醤油で作られた『焼醤油餅』などなど。そして最もオススメは、今も昔も味が全く変わらずに作られている『パウンドケーキ』。こちらのパウンドケーキは懐かしい味でおいしいと評判で常連客が買われていきます。最後は『もう~全部おすすめや~』と笑顔で話してくださいました。

一番人気は、水曜日限定のシュークリーム『水曜日のシュー畑』。笑顔の素敵なお父さんとあわせて、和菓子店の「洋菓子」を狙って行ってみてください。

2018.03.08:見どころ100選

壁一面に広がる海が「まち」にあります。 [迷路のまちの見どころ100選 Vol.14]

MeiPAMから迷路のまちを抜けて少し歩けば、また新しい光景にバッタリ。小豆島国際ホテルからエンジェルロードに向かうまでの壁面には、こんなカラフルでかわいい絵が広がっています。海の生き物たちが楽しそうに泳ぐ前で、ご家族やお友達と「泳ぐまね」したりして写真を撮ってみてはいかがでしょう?ピンクと水色の2種類の絵があるので、いろいろなポーズで撮ってインスタにアップ!

 

 

2018.03.06:見どころ100選

いろんな猫に出会える路地で [迷路のまち見どころ100選Vol.13]

迷路のまちをぐるぐる巡っているといろんな野良猫に出会うことができます。道を案内してくれる猫、日向ぼっこをしている猫、喧嘩をしている猫などなど。

春を待つまだ寒いある日、迷路のまちにあるかしわ店で、鶏を調理しているご主人を雨の中ずっと待っている猫がいました。この子はご主人からお肉をもらうことができたのかな。

PAGE TOP

MeiPAMチャンネル

(Comming Soon)