MeiPAM | メイパム

Blogスタッフのささやき

2020.02.08:スタッフのささやき

豆腐に針を刺す?「針供養」のお話

妖怪が出没する日「事八日」
12月8日と2月8日は「事八日」とよばれ、「妖怪」が出没する日とされ、各地で玄関先に厄除けをつるしたり、厄除けの食べ物を食べる風習があります。(全国各地で諸説あるので調べてみてね!)

また、この日は針仕事を休み、道具に感謝する「針供養」をする日でもあります。(関西は12月8日、関東は2月8日とすることが多いようです。)

豆腐に針を刺す?「針供養」とは?
「針供養」とは、折れて使えなくなった針を蒟蒻や豆腐などに刺し、お寺へ奉納します。たくさん働いた針のために、最後ぐらいは柔らかいものに刺してあげたいという気持ちを表しているとのこと。ちょっと何それ、優しすぎませんか。

そこまでされたら針だって本望でしょう。時々刺してごめんね、糸が通しにくいのは意地悪してたわけじゃないの。いや、たまに意地悪してたけど、まじごめん。ミシンに嫉妬してたのかも。ありがとう、ずっ友だよ。新しい針とも仲良くね。なんて、針たちの声が聞こえてきそうです。

妖怪美術館の「ぼたんぼ」。ボタンを見つけると回収せずにいられない妖怪。

また、「針塚」や「筆塚」といって、使われなくなったモノのお墓も全国各地にあります。全てのモノに魂があり、付喪神にならないように大切に供養してお墓まで作ってあげるって、面白いですよね。こういった、八百万の神がいるという考え方が様々な風習に現れていて「妖怪」を生み出すもとになっていると考えられます。

針供養って、なんて素敵な風習なんだろうと思って、スタッフのささやきとして書いてみました。

さて妖怪美術館では、昨日スタッフが急に針仕事をはじめていました。むむっ、この形はまさか……。
完成品はTwitterで(@meipam_meiro)発表します。お楽しみに!

PAGE TOP

MeiPAMチャンネル

(Comming Soon)