MeiPAM | メイパム

Blogお知らせ

2020.03.02:お知らせ

妖怪美術館・館長 柳生忠平からのメッセージ

妖怪造形大賞に応募され当美術館が所蔵する800体の作品の中には「病を直してくれる妖怪」や、「薬を生み出す妖怪」など、作者の皆さまの想いがこめられた様々な作品があります。

妖怪には人間を驚かしたり悪さをするイメージがあるかもしれませんが、中国から伝えられた「白沢」(はくたく)のように、病を除けると信じられていた妖怪もいます。少し前の日本や中国では「白沢」の絵を無病息災を祈念して家々に飾ったり、旅行者の御守りとして身に着ける風習があったと言われてています。

きっと今、妖怪たちも私たちと共に必死になって頑張っていることでしょう。

ご来館予定だった皆さまに、少しで妖怪美術館の雰囲気をお楽しみいただけるよう。ご自宅でも楽しめる音声ガイドや塗り絵をご案内します。休校中で自宅待機されているお子様たちも一緒に、お楽しみいただければ幸いです。

妖怪美術館
館長 柳生忠平

■白沢ぬりえ
http://meipam.net/news/2020/03/02/3317/

■音声ガイドのご案内
音声ガイドはご自宅でも楽しんでいただけます。音声ガイドでイメージを膨らませ、再開時にご来館頂けますと幸いです。

▽音声ガイドはコチラからダウンロードできます。
https://yokaimuseum.on-the-trip.com/

※iPhoneはアプリをダウンロードしてください
※androidはWEBブラウザからご利用いただけます。

PAGE TOP

MeiPAMチャンネル